パチスロの機械割の正しい知識を分かりやすく解説してみました

パチスロの機械割の正しい知識を分かりやすく解説してみました
この記事の所要時間: 648
DAISUKE
DAISUKE
こんにちは、ダイスケです。

 

パチスロを打っている人で目にした事がある、耳にした事がある用語で、機械割という言葉があります。

 

記事をご覧のアナタは、スロットの機械割ってどうゆう事なのか説明出来ますか?

 

この機械割という言葉をしっかり理解していない人もいるのではないでしょうか?

 

機械割を理解していると、パチスロの本質を理解する事が出来ます。

 

結構重要な意味を持っています。

 

今回の記事は、機械割の正しい知識を理解してもらう事を事にしてみました。

 

Advertisement

機械割の正しい知識

 

よく機械割の説明をする時に、設定1の機械割が97%だから1万円使えば9700円返ってくるという説明をしている人がとても多いです。

 

この説明は間違っています。

 

正確に説明すると機械割というのは

 

掛けた枚数(PAY)に対して払い出される枚数(OUT)の割合の事です。

 

簡単に説明すると

 

枚数を掛ければ掛けるだけ、その台の機械割に基づいて払い出される枚数

 

これが機械割の正しい知識です。

 

50枚=1000円を100%だとすると、設定1の97%は100%に満たないので、負けてしまうという計算が分かると思います。

 

これをかみ砕いて、もっと分かりやすく説明してみましょう。

 

Advertisement

機械割を正しく理解する例題

 

例題を出してみましょう。

 

例えば、バジリスク絆を打ちに行って弦之介BCを消化していたら、6ベル撃破が出てしまった。

 

この時点で設定456が確定した状態です。

 

打てる時間が無いなど、よほどの事が無い限り打ち続けた方がいいですよね?

 

バジリスク絆の456の機械割は

 

4で106.6%。

5で112.1%。

6で119.2%。

 

という機械割になっています。

 

では、例えば設定4の場合。

 

機械割の本質を知っていると1日単位で平均どれだけ儲かるか?という事が分かります。

 

10000枚のメダルを設定4の台に投入した時、機械割は106.6%なので

 

約10660枚ほどのメダルの払い出しがあるという事が分かります。

 

660枚のプラス差枚ですね。

 

これを1日単位で説明すると

 

1日の総回転数が8000回転とした場合、1Gに使うメダルの枚数は3枚。

 

それが設定4なら106.6%返ってくるという計算が成り立つのが分かります。

 

計算式は

 

8000回転×3枚=24000枚。

 

24000枚(1日で掛けた枚数)×1.066(設定4の機械割)=25584枚。

 

24000枚(1日で掛けた枚数)-25584枚(設定4で出る枚数)=+1584枚(1日のトータル差枚)

 

という計算式が成り立つ訳です。

 

設定4を1日打ち切った時、平均で1584枚のプラス差枚になるという事ですね。

 

あくまで平均の話なので、必ず1584枚のプラスという訳ではないですが、打ち続ける事で理論上プラスの台を打っているという事になります。

 

これなら、打ち続ける根拠にはなるでしょう。

 

逆に設定1を打っていたらどうなるでしょうか?

 

バジリスク絆の設定1の機械割は97.3%です。

 

同じ計算式で計算してみましょう。

 

24000枚(1日で掛けた枚数)×0.973(設定1の機械割)=23352枚。

 

24000枚(1日で掛けた枚数)-23352枚(設定1で出る枚数)=₋648枚(1日のトータル差枚)

 

という計算式が成り立ちます。

 

設定1を1日打っていると、平均で648枚のマイナス差枚になるという事なんですね。

 

先ほども言いましたが、あくまでもこの計算式は平均でのお話です。

 

勝つこともあれば、負けることもあります。

 

しかし確実に言える事は、平均的に負けているのなら結果的に負ける可能性は極めて高いという事です。

 

逆を言えば、平均的に勝っているのなら結果的に勝つ可能性は極めて高いという事になるのです。

 

これが機械割という概念の正しい知識なのです。

 

Advertisement

まとめ

 

僕の住んでいる地域はとても田舎の地域です。近隣のホールは2軒しかなく、どちらもお世辞にもにぎわっているとは言えません。

 

当然、特定日以外は設定というものも入ってはいません。

 

なので、平日の稼働も最初から設定が入っているというものを頭の中で除外して立ち回っています。

 

僕の地域を例に出しましたがホールの規模は違えど

 

一般的にイベント日でもない限り、通常営業で設定が入っているホールは少ないというのが現状です。

 

つまり、皆さんが主に打っている設定は基本的に低設定が主になるという事です。

 

低設定を打つという事は、ほとんど負けてしまうという事です。たまにヒキが良くて爆発する事もありますが

 

低設定を10台打っても8割~9割の確率で負けるでしょう。

 

なので、パチスロで勝つには高設定を打つ事が重要になってきます。

 

この記事で機械割の知識を得たなら、設定が分かった時は大いに役立ててください。

 

あくまで平均的な枚数なので、勝つか負けるかはその時になってみないと分かりません。

 

ですが、パチスロで勝っている人の全員がこの機械割を平均的な基準と知っているからこそ、続行かヤメかを判断できるという事です。

 

あなたもパチスロで勝つ考え方を養っていきましょう。

 

DAISUKE
DAISUKE
およみいただきありがとうございました。

パチスロのお役立ち情報カテゴリの最新記事