パチスロに勝つ確率が20倍上がるデータロボサイトセブンで出来る5つの事

パチスロに勝つ確率が20倍上がるデータロボサイトセブンで出来る5つの事
この記事の所要時間: 1141

こんにちは。パチンコ、パチスロ中古実機販売【エナジー】のダイスケです。

 

パチスロで勝っている人。利益を出しているほとんどの人が使っていると言われているツールがあります。

 

それが

 

データロボサイトセブンというツールです。

 

今回はこのデータロボサイトセブンがどれだけ優れているのか?そしてこれを使う事によってどういう利点があるのか?

 

使い方なども織り交ぜながら紹介していきたいと思います。

 

データロボサイトセブンとは

 

データロボサイトセブンとは、月額300円の有料会員情報のサイトです。

 

スマートフォンにも対応しており、アプリをダウンロードして、いつでもどこでも自分の良く行くホールさんの情報を見る事が出来ます。

 

自分がさっきまで打っていた台がどれくらい出ているだろう?と見返したり

 

台の出方や挙動から高設定を予測したり

 

データを蓄積させる事で、ホールの傾向を掴んだりと多種多様に使えてかなり便利です。

 

月額300円とお金は掛かりますが、今ではタバコより安いそのお金でパチスロに勝てるようになるので、コスパは最強と言えます。

 

では、データロボサイトセブンを使う事でどんな有益な事があるのか?具体的に解説していきたいと思います。

 

データロボサイトセブンで出来る事

 

前日の下見が出来る

 

パチスロを打ちに行こうとした時、前日に下見をして狙い台を予測するというのは、勝つ立ち回りに一番重要な要素です。

 

あくまで遊びではなく、勝つパチスロを打ちに行く前提でのお話です。

 

閉店前のホールに足を運び、出目のチェック、台の挙動、データランプからその台の設定を予測し、翌日その台の設定上げ狙い、据え置きなどを予測する事が、下見をした事の利点です。

 

リセットなのか据え置きなのか?

 

これを予測するだけでも立ち回りの幅はとても広がります。

 

しかし、下見って閉店時間30分前を狙っていくつかのホールを回り、出目チェックや台のデータを取り続けたり、結構めんどくさいししんどいのが正直な話。

 

ましてや夜勤の仕事をしていたりしているとホールにも行けないし、時間に制限がある人は無理な時もあります。

 

そういう時にこのデータロボサイトセブンを活用する事が出来ます。

 

実際にグラフを使って見てみましょう。

 

マイジャグラー3の高設定グラフ

 

こちら、あるホールのマイジャグラー3のスランプグラフです。

 

当日8500G回っていて、BIG39回、REG33回、最大獲得枚数も約5000枚近くで合成確率は1/118。

 

実際打ってはいないから、ぶどう確率、チェリー重複等は分かりませんが見るからに高設定のグラフと言えます。

 

こういう台を翌日にガックン判別して据え置きなのか?リセットなのか?というのを絞り込んだり出来ます。

 

ガックン判別が効くホールさんなのか?というのはとりあえず置いといて、立ち回りの参考にはなるのではないでしょうか?

 

ガックン判別方法の詳細はこちらからどうぞ。

 

 

次に、こうゆうパターンはどうでしょうか?

 

 

ディスクアップ3日前のグラフ

ディスクアップの3日前のスランプグラフ

 

ディスクアップ2日前のグラフ

ディスクアップの2日前のスランプグラフ

 

ディスクアップ前日のグラフ

ディスクアップの前日のスランプグラフ

 

上のグラフは、ディスクアップの3日間のスランプグラフです。

 

見てわかるように3日間連続のマイナス差枚グラフです。

 

この状態として、翌日に設定が入る事が期待出来る強い日。イベント日だとしましょう。

 

そういう時は、このような連続でへこんでいるグラフの台に上げ狙いとして高設定が入る可能性は上がります。

 

細かく言うと、どの機種に高設定が投入されるかの判断は必要ですが、根本的な本質は変わりません。

 

データロボサイトセブンがあれば、絞り込む機種から何日間かのデータを参照出来るので、どこにいても下見が出来るのです。

 

朝イチのリセット台が分かる

 

朝イチから打ちに行ける、時間に余裕のある人の立ち回りに有効なのがリセット狙いという立ち回りです。

 

リセット狙いがどうゆう狙い方なのかというのはこちらを参考ください。

 

 

朝イチから打ちに行ける、主婦や学生さん、お仕事が夜勤中心の人などにおすすめしたい立ち回り方法である、リセット狙い。

 

データロボサイトセブンで、その台を特定していくにはどうしたらいいのか?

 

こちらの画像をご覧ください。

 

沖ドキの前日のデータ シマ単位

 

こちらも。とあるホールさんのシマ単位の沖ドキのグラフです。

 

注目してもらいたいのが、只今ゲームという項目。

 

赤線で囲ってある758番台を見てみましょう。

 

758番台の只今ゲーム数がーーとなっているのが分かると思います。

 

ーーになっているのは、AT中、ART中に閉店時間を迎えた場合に表示されます。

 

という事は、翌日にリセットされる事が濃厚という事です。

 

大当たり中に電源OFFだけして、翌日にいきなりATスタートってあまり考えられないですからね(笑)

 

余談ですけど、知り合いが前日8000枚近く出ていてAT閉店した、北斗転生を打ったら、いきなりATスタートしたという話を聞いた事があります。

 

残りの勝負玉も50個くらいあったらしいです(笑)

 

5スロだったらしいですけど、おいしい話ですよね。こんな事はめったにありませんので(笑)

 

朝イチからリセット狙いが出来る

 

本題に戻します。

 

リセットされる事が分かっているのならば、機種によってはリセット恩恵が発動します。

 

沖ドキのリセット恩恵は、約1/3でリセットモードに移行します。

 

このリセットモードの恩恵は、設定1で1/89の確率で初当たりが取れる。天井が200Gに短縮される。

 

さらに、初当たり後は必ず通常B以上に滞在する。という恩恵があります。

 

沖ドキは通常Bに滞在するだけで期待値は理論上プラスですからね。

 

リセット台を100Gくらいまで回してみて、当たらなかったらやめる。

 

こういう立ち回りが出来る訳です。

 

沖ドキのみならず、リセット短縮型である、モンキーターン2や鉄拳3rd。即前兆もある、ゴッドイーター、即ARTの可能性もある、マジハロ5など。

 

リセット恩恵で打てる機種は数あります。

 

これらの機種にも対応が効くという事なのです。

 

データロボサイトセブンで見るリセット狙いで注意する事

 

ですが、データロボサイトでリセット狙いをする時には注意する事があります。

 

それは、前回の大当たりが閉店時間に近いかをしっかりと確認する事です。

 

これはどうゆう事なのか?こちらの画像をご覧ください。

 

サイトセブン 大当たり情報画面

 

画像を見る限り、前回の大当たりが閉店間際である事が分かります。

 

様は、明らかに閉店で取り切れなかったという事をチェックする事です。

 

たまに0回転ヤメでも、終了後、1回転も回さないでヤメていくパターン。いわゆる即ヤメ。

 

こうゆう場合はリセットされる可能性が低くなるので注意が必要です。

 

朝イチの宵越し天井狙いが出来る台が分かる

 

データロボサイトセブンで下見する事で、前日のハマり台を宵越し天井狙いする事も出来ます。

 

宵越し天井狙いという立ち回りについて詳しくはこちらから。

 

 

実際の下見方法を画像付きで解説します。

 

データロボサイトセブン 前日大当たり履歴の画像 

 

こちらの画像は、ミリオンゴッド~神々の凱旋~のとある前日大当たり履歴データです。

 

15:19の大当たりを最後に、最終的に821G回された状態で閉店したという事になります。

 

この台を翌日宵越し天井狙いで打ちに行けば、821Gから回す事になるので、660Gで天井になります。

 

凱旋の821Gの期待値は余裕で3000円以上の期待値。

 

据え置きメインのホールさんならお宝台というわけです。

 

データロボサイトセブンがあればこういう立ち回りも出来るんです。

 

夕方から狙える高設定台が分かる

 

今までの説明で狙える立ち回りは、どちらかと言えば朝からの立ち回り方法でした。

 

しかし、データロボサイトセブンで出来る事は、なにも朝だけではありません。

 

お仕事終わりの夕方からでも、データを読み解いていく事で高設定を打つことも出来るのです。

 

例えばの例がこちら。

 

データロボサイトセブン 花火の大当たり履歴画像

 

データロボサイトセブン 花火の大当たり履歴画像 

 

画像は、パチスロHANABIのデータロボサイトセブンでの大当たり履歴です。

 

注目していただきたいのが、赤枠で囲った出玉の項目です。

 

HANABIの決定的とも言える設定差に、BIG中のハズレがあります。

 

設定1、2で確率は1/16384。設定5、6で確率は1/482。ここまでの差が出ます。

 

すなわち、出現しただけで高設定をほぼ確信していいレベルという事になります。

 

画像2枚目のデータで、10:29。12:32の時点でハズレが出現したと思われる出玉獲得枚数、309枚獲得がこの履歴から見て取れます。

 

という事は、12:32の時点で、すでに高設定が確定したという事です。

 

こういう台を事前に調べておき、夕方から設定狙いの後ヅモを狙って行くという立ち回りが出来るのです。

 

ホールに行って、空き台になるまで待つ可能性はありますが、空いてなかったらラッキーだし、時間があれば、空き台待ちしてもいいでしょう。

 

立ち回るという事はそういう事なので、こればっかりはしょうがないですので(笑)

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

データロボサイトセブンに登録しただけで、これだけ多くの情報を取得でき、なおかつこれだけの立ち回り方法が確立できるのです。

 

立ち回りの幅も広がり、勝てる確率が20倍上がるというのも嘘ではないと思えますよね?

 

データロボサイトセブンに登録して、ぜひ立ち回りの幅を広げてみてください。

 

登録はこちらのリンクからどうぞ!!

 

 

およみいただきありがとうございました。

パチスロのお役立ち情報カテゴリの最新記事