パチスロに勝てない人、負けてしまう人の共通点とは

パチスロに勝てない人、負けてしまう人の共通点とは
この記事の所要時間: 711

こんにちは。パチンコ、パチスロ中古実機販売【エナジー】のダイスケです。

 

パチスロを打ちに行って、どうせなら勝ちたいという人は多いと思います。

 

負けてばかりでは面白くないし、お金も無くなって、いい事なんてひとつもなく、ただの時間の無駄ですよね?

 

パチスロで結果が出ていない人に共通している事があります。

 

今回はそんなお話です。

 

Advertisement

パチスロで勝てない人の共通点

 

パチスロで勝てない人には共通点があると思っています。

 

それは、根拠のある台に座っていない人が多いという事です。

 

自分が座った台を「その台、なんで打っているの?」と聞かれた時に、その理由をしっかり答えられなければダメなんです。

 

確定画面が出たからこの台は設定6だから。

天井まであと200Gで、このG数から打てば期待値があるから。

天国ゾーンまで消化されていないから天国ゾーンまで回す。

リセット恩恵があって、この台はリセットだから。

 

以上の様な理由がしっかり言えるならば、パチスロに勝つという考え方がしっかり分かっている人だと思います。

 

結局パチスロやパチンコで勝ちたいと思うなら、期待値を取り続けるしかないんですよね。

 

関連記事 【パチスロ攻略法】パチスロで勝つ方法は期待値を積むという事

 

高設定が台を見ただけで分かるならこんなに簡単な事はありません。

 

それが分からないから誰しもが迷ってしまい、自分の好きな台や自分に都合の良い考え方をしてしまって結局負けてしまうんです。

 

勝てない人の共通点はまだまだあります。

 

オカルトを信じてしまう

 

オカルトという言葉は、超常現象という意味です。

 

超常現象とは、科学的、物理的に根拠が無いという言葉とも取れます。

 

科学的や物理的というとちょっと難しくなりますが、簡単な話に置き換えますね。

 

例えば、あなたがダイエットをしたい!!この夏に向けて体を絞り、海に行くのに恥ずかしくない体にしたいと強く思っているとします。

 

そこに、「このサプリを飲めば、1週間で7㎏確実に痩せます!!」こんな広告を打ったサプリメントを見つけたとしましょう。

 

気になったあなたは、サプリメントの成分や使用した人の口コミなどを調べました。

 

しかし、成分表示もしっかり表記していない。使った人の口コミも無ければ効果のほども分からない。こんなサプリメントを信用できるでしょうか?

 

1週間で7㎏痩せるという根拠が分からないですよね?

 

パチスロにもこれと同じ事が言えるのです。

 

パチスロにも打つ根拠は必要です。

 

知り合いが、このジャグラー1000Gもハマっているからここから絶対出るよと言われ、信じて打ってみた。

 

当たりはしたが、出ては飲まれ出ては飲まれを繰り返して結局マイナスを喰らってしまった。

 

こういう経験ありませんか?

 

お金を使った立場からすると「どうなってんだ!!負けたじゃないか!!」って感じですよね?

 

一言でいうなれば、これも根拠が無いんですよね?

 

ハマった後は出るという考え方は、一概に間違ってはいません。確率には収束という考え方があります。

 

しかし、収束も必ず大ハマりした後に起こるとは限りません。何千回、何万回の試行回数を重ねる事で収束していくという考え方のため、そこで起こるかは誰にも分からないのです。

 

そうなると、なにも打てなくなってしまいがちですが、基本的にハマっている台は手を出さない方がいいです。

 

だったら、AT、ART系の機種の天井により近い台を探した方がよっぽど勝てる。

 

A-タイプがハマっている時点で、そもそも低設定の可能性がかなり高くなります。そんな台に座ろうかどうしようか考える事自体があまり意味がないのです。

 

Advertisement

自分の好きな台を打ってしまう

 

自分の好きな台、以前大勝した台にふらっと座って打ってしまう人も負けてしまう人の特徴です。

 

いわゆる趣味打ちと言われてしまうんですが、パチスロを遊戯、楽しもうと考えているならばいいんです。

 

パチスロ勝ちたい、勝ってお小遣い程度稼ぎたいと思うのであれば自分が好きな台にいつも座っていては勝てません。

 

どうしても、以前に大勝した台というのは心理的にまた出るのではないかなと思い込んでしまいます。

 

期待値を追って立ち回っている僕も例外ではないんです。年間で2000台近くも打っていると収支的に相性のいい機種というのは見えてきます。

 

やっぱそういう台は出るんじゃないかなって思っちゃうんですよね。

 

だからボーダーを下げて打ってしまったり、期待値トントンくらいからヒキでなんとか出来るみたいな考え方で打ってしまう事はあります。

 

結果的に痛い目を見ますけどね(笑)

 

なので、先入観。以前の経験などは完全に忘れたほうがいいです。昨日は昨日。今日は今日です。

 

いろんな台の知識を覚え、熱いゾーンや天井はいくつなのかなどを勉強し、期待値がある台を探していかないといけません。

 

なにも考えていない猫

 

出玉だけ見た、出ればいいやという考え方

 

出玉さえあれば、設定なんてどうでもいいという考え方で全く立ち回らない人も負けてしまう人の特徴です。

 

軍資金5万円でGOD引けばいいや。朝イチからいきなりジャグ連で2000枚出たからこの台はいい台だ。

 

こういう考え方も根拠はないです。

 

そもそもGOD揃いの確率は、1/8192のです。1日フルに回して引けるか引けないかの確率に軍資金を突っ込んでいくのは無謀と言えます。

 

引いた時は大きいですが、この考えで勝ってる人は見た事は無いです。

 

僕も以前、4日連続、計8回のGODを引きまくり、仕事を2週間休んで毎日ホールに通い詰めた時がありました。

 

もうGODだけ打ってれば暮らせると普通に思っていました(笑)

 

しかし、長くは続かなかったですね。結局あの時勝った40万というお金はそうそうに無くなってしまいましたよね。

 

出玉だけを見るのではなく、パチスロの基本は設定です。高設定を打つという考え方をいかに鍛えるか、いかに養っていくかです。

 

高設定を打ち続けていれば、出玉はおのずと付いてくるのです。

 

Advertisement

まとめ

 

今回はパチスロで勝てない人、負けてしまう人の共通点というお話を記事にしました。

 

今回のテーマに言える事は根拠です。

 

根拠がない台、根拠を自分に問いかけてみて言えない台というのは絶対に打ってはいけません。

 

自分に都合よく考えてしまってもダメです。

 

台を打つ前に、ネットで調べてみて期待値があるかどうかを調べてみる。期待値があったら打つという事をし続けていれば結果は付いてきます。

 

根拠のない台は打たない様にしたいですね。

 

およみいただきありがとうございました。

パチスロに対しての考え方カテゴリの最新記事