本当にあったパチンコ、パチスロで奇跡が起きたお話

本当にあったパチンコ、パチスロで奇跡が起きたお話
この記事の所要時間: 827

 

こんにちは。パチンコ、パチスロ中古実機販売【エナジー】のダイスケです。

 

最近よく見かけるのですが、打ってみようかな~。と思う台の下皿に1枚か2枚のメダルが残っている時ってありませんか?

 

パチスロ打っている人は、僕と同じ経験ある人多いのではないでしょうか?

 

この状況。たぶんですが、最近の機種は3枚掛けが主流の機種が大半なので、回せないからメダルを置いてやめていった。という事だと思うんです。

 

台に座って「1枚か2枚のメダルで台を確保しているんだよ!!」なんて言われたら困っちゃいますが(笑)

 

もし、メダルが足りないために置いてったのなら、絶対打つか、貯メダルかをしたほうがいいと思うんです。

 

ジャグラーとかA-タイプの特定機種なら1枚掛け出来ますからね。

 

そんな事を思っていると、ふと昔を思い出して「そういえばこんな事あったな~。」って事がありました。

 

パチスロって結構奇跡的な事あるんですよね(´▽`)

 

今回はそんなお話を二本立てでお送りするコラム記事です。

 

奇跡① 兄とパチスロを打ちに行った時のこと

 

僕が18歳くらいの頃だったと思います。その日は、兄と兄の彼女と3人でパチスロを打ちに行ったんです。

 

兄と兄の彼女は当時の人気機種、大花火を狙っていました。僕は全然知識もないときで、好きな機種を適当に打っていた時代でした。

 

10台の頃は、お金が出来ればしょっちゅう打ちにいってましたね~。この日も淡い期待を抱いて打ちに行ったわけです。

 

早々に軍資金はなくなる

 

確か、ダブルチャレンジという4号機を打ったと思います。懐かしい(笑)

 

出典 ロデオ ダブルチャレンジ公式

 

ダブルチャレンジという台は、ボーナス+ATで出玉を伸ばしていくゲーム性の台でした。

 

この機種の最大の特徴はATにあります。

 

通常時に成立するAT成立フラグを引くことで、必ずATを獲得する事が出来ます。そして、天使モードと悪魔モードと呼ばれるモードがあり

 

主にBIGボーナスの100Gかベルの昇格抽選に当選した時に移行する天使モードでフラグを引くと100GのATがもらえます。

 

通常時に一番滞在率が高い悪魔モードでフラグを引くと、10GのATがもらえるという機種でした。

 

そして、ここからがダブチャレのおもしろい所でして、この獲得したATを掛けて、倍率アップのチャレンジゲームが出来るというゲーム性でした。

 

倍率の内訳は

 

倍率 成功確率
1.5倍(失敗時、半分保証) 1/1.9
2倍 1/1.9
5倍 1/4.8
10倍 1/9.6
30倍 1/28.4

 

という内訳で、AT100×30倍(AT3000G)に当選した時の獲得枚数は9000枚というとても夢のある機種でした。

 

当選に失敗したら、掛けたG数は消滅するんですけどね・・・

 

この機種はなんせボーナスが重い台で、なおかつ低設定ばっかり打っていた記憶しかないので、出したことがありません(笑)

 

この日もノーボーナスで、早くも2万円ほどの諭吉を溶かし、廃人の様な顔で兄貴のもとに様子を見に行ったのです。

 

18歳で2万円は大金ですよね?っていうか2万円は大金です!!

 

兄貴は彼女と並びで大花火を打っていましたが、出ていませんでした。

 

1枚の奇跡

 

僕もダメで兄貴もダメで「帰ろうか・・・」と席を立った時に、ふと足元に落ちていた1枚のメダルを手に取り、兄貴がやっていた大花火の台に座り、1枚掛けでボーナスを狙ったんです。

 

レバーを叩き、右リールからドンちゃんを狙いに行きました。

 

右リール中段にドンちゃんが止まり、中リールにもドンちゃんが止まります・・・。

 

「おやっ?(@_@)」

 

まさかと思いますが、そんな事はないだろうと左リールに三連ドンちゃんを狙った瞬間・・・

 

 

出典 P-WORLDさん

 

揃たぁぁぁぁああ~!!(´Д`)

 

揃ったんですよ!!(笑)1枚掛けで!!ケツが浮くどころか、肛門から直腸が飛び出すんではないかくらいビックリしました(笑)

 

調べてみたんですが、大花火の1枚掛けでのボーナス当選確率はわかりませんでした。

 

もしかしたら、前Gでリーチ目を引いていた可能性もありますしね。

 

大花火のボーナス獲得は約600枚近く出てきます。結局全飲まれしてしまいましたが、貴重な体験をしたものでした。

 

奇跡② 友達と連れパチしに行った時のこと

 

これは、僕が16歳くらいだったと思います。まだホールさんに入ってはいけない年ですね(笑)

 

昔は規制が緩くて、お父さんとかお母さんに連れられて、ちっちゃいお子さんもニコニコしながら膝の上に座らして遊戯していたものです。

 

地元のよく行くお店で、店員さんもいい人で、分かっていても黙認してくれるような時代でした。

 

3人とも早々に軍資金はなくなる

 

そんな時代に友達のお母さんがパチンコ好きで、息子であるその友達ともう一人の友人、そして僕の3人で連れられてパチンコを打ちに行った時の事でした。

 

息子友人はお母さんにもらったお小遣いでパチンコを遊戯していて、僕ともう一人は、3000円くらいしかなかったので、あっという間に撃沈。

 

昔は500円玉とか100円でもその分の貸し玉が出てきた時代でした。結構回った記憶があるので、3000円でも結構遊べたものです。

 

息子友人は、お母さんからもらったお小遣いで遊戯していました。5000円くらい使ってたと思います。

 

僕と友人は撃沈してから、息子友人の遊戯状況を見ていました。結局、息子も出玉は出ず3人全員が撃沈。

 

帰ろうとした時に、連れの友人が、なぜかどこからか拾ってきた3玉の拾い玉で息子友人の台に着席したのです。

 

3玉の奇跡

 

その台は、私がマコちゃん2というパチンコ台でした。

 

出典 P-WOLDさん

 

上皿に3玉入れ、打ち出す事3玉・・・。

 

3玉は釘の森をコロコロと滑り落ち、3玉は互いにぶつかり合い、自己を主張しながらスタートチャッカーに向かいます。

 

やがて勝ち抜いた1玉がスタートチャッカーにポロっと入りました。

 

「おっ!!入った(^^♪」

 

今でも覚えています。友人のあの時の光景を(笑)

 

リールはぐるぐる回りだしました。この後起こる事を予兆するかのように・・・

 

3玉をスタートチャッカーに入れた事自体がなかなかすごい事です。

 

3人は期待もしないで、チャッカーに入った事に満足してリールを見つめていました。

 

その時・・・

 

 

 

全回転しました・・・

 

 

 

揃たぁぁぁぁあああ~(´Д`)!!

 

あれは本当にビックリしましたね(笑)

 

たったの1玉で、友人は全回転を引き寄せたのです(笑)

 

3人してすごい雄たけびをしていたので、周りのお客さんみんなが見ていましたよ(笑)何事かと(笑)

 

その確変はそこそこ伸びて、友人は40000円くらいの出玉を換金していました。

 

投資 0円(拾い3玉)

回収 40000円

 

の奇跡です(笑)

 

友人は僕たちに焼き肉をおごってくれて、笑いながらそれぞれの帰路につきましたとさ(´▽`)

 

まとめ

 

今回のお話の様に、たった1枚。たったの3玉でもパチンコ、パチスロは当たる可能性があるのです。

 

確率というものはおもしろいもので、可能性は0ではありません。

 

なん千分の1。なん万分の1でも当たる時は当たるのです。

 

もし遊戯が終わり、余ったメダル。余った玉を放置するくらいなら、回せる台を回してみる事をおすすめします。

 

あなたにも、こんな奇跡が起こるかもしれませんよ。

 

これだから、パチンコ、パチスロっておもしろいものですね?(笑)

 

お読みいただきありがとうございました。

パチスロコラムカテゴリの最新記事