パチスロの収支をつけて管理する事で見えてくる改善点

パチスロの収支をつけて管理する事で見えてくる改善点
この記事の所要時間: 725

 

こんにちは。パチンコ、パチスロ中古実機販売【エナジー】のダイスケです。

 

突然ですが、パチンコやパチスロを打ちに行った時の収支というものをつけたり、管理したりしていますか?

 

僕は、しっかりとやらなかった時を含めて3年ほど前からパチンコ、パチスロの収支をつけるようにしました。

 

収支をつけていないという人は、これを機会に収支管理をしてみてはいかがでしょうか?だって、メリットばかりなんですよ(´▽`)

 

今回はそんなお話です。

 

パチンコ、パチスロの収支をつける意味

 

なぜパチンコ、パチスロの収支をつけるのか?その意味とは

 

自分が勝ってるか負けているのか?

 

これが分かるためです。

 

自分が勝っているか、負けているかを知る。というのはとても大事な事なんですね。

 

パチンコ、パチスロを打つ90%の人が収支をつけていないという事がデータを調べたら分かりました。

 

その90%の人が負けているからだそうです。

 

確かに、ハッキリ言って収支をいちいちつけていくのはめんどくさい作業です。僕の場合で言えば、打つ前に開始G数をスマホでメモリ、当たったG数や詳細などもメモったりします。ぶっちゃけめんどくさいです。

 

なおかつ、5万負け。2万負け・・と負けているばかりの収支表を見ていると、つけても意味がないやと思ってしまいます。

 

しかしそれは、1日単位で見た勝敗です。1日でいえば4万勝った、2万負けたという事はあります。でも収支表というのはそうじゃありません。

 

1週間、1か月、1年という長期的な視野で見た場合に勝っているのか、負けているのかを知るために重要なのです。

 

そこから、自分の立ち回りのなにがいけなかったのか、この日は全体的に出ていた、またはこの機種が強かった。そんな事がデータから分かってくるのです。

 

それが分かっているから、勝っている人はほぼ100%収支をつけているのです。

 

パチスロを純粋に遊ぶために打っている人なら、今回の記事は参考にならないかもしれません。

 

しかし、どうせ打つなら楽しみたい。出玉を出してプラスにつなげたいと思うのであれば、収支をつける事はとても重要なんです。

 

収支をつけるメリット

 

 

僕はスロットがメインなので、スロットの場合で説明しますね。

 

収支をつけるメリットは勝った負けたが分かるのもそうなんですが、一番のメリットは次につながる事が出来る。だと僕は思います。

 

負けてばかりだとくやしいですよね?

 

「なんで勝てないんだろう?・・・」

「なにがいけないんだろう?・・・」

 

こんな疑問が絶対に出てくるはずです。それがいいんです!!

 

その、自分が置かれている状況をまず知る事が大事なんです。そして考える事が大事。一番大事なのは、行動する事です。

 

人は考えて、行動する事で状況を変える事が出来ると思っています。レベルや進歩はそれぞれですが、最初のときより得る事は絶対にあります。

 

そうなると天井狙いという立ち回りを覚えたり、設定狙いの絞り込める台の精度が上がったりと色々なメリットが出てきます。

 

そうなると無駄使いがなくなってきます。いかに、自分が低設定に湯水のようにお金を使ってしまっていたか?本当にギャンブルみたいな事をやっていたか?そんな事が分かってくるのです。

 

無駄使いがなくなるというのも、すごくいいメリットですよね。

 

収支をつけるデメリット

 

ハッキリ言ってありません!!(笑)

 

強いて言うなら、めんどくさいという事だけかなと思います。ですが、やってくうちにそれが当たり前になっていくと思います。

 

ですので、デメリットは無いと思います(´▽`)

 

収支表にはどんな事をつければいいか?

 

収支表には最低限付けた方がいい事があります。

 

最初はめんどくさいと思うので、徐々に慣れていけばいいです。続けていれば、いつか収支をつけるのが当たり前になってきますから。

 

ルーティーン化ってやつですね。そこからもっと詳しく付け足していくのでも全然遅くないです。

 

まず最低限つけたほうがいいのは

 

  • 稼働した日付
  • 稼働したホール名
  • 実践機種名
  • その日の収支
  • 台番号

 

ですね。最初はこれぐらいつけておけば充分です。

 

プラスアルファとしてその日のちょっとしたメモをいれておくのも大事です。

 

例えば、ジャグラーが全体的に出ていた。角の台が出ているように思えた。バジリスク絆だけが全台出ていた。みたいな全体的な視点からのメモだったり

 

リゼロ AT終了後即ヤメ。みたいな自分の台のメモだったりを一言記入しておくともっといいですね。

 

このメモから見えてくる事は、例えば

 

全体的な視点の場合、ジャグラーが全体的に出ていた日が1か月単位で振り返ってみると5の付く日ばかりだった。

 

という事は、5のつく日はジャグラーが強いのではないか?という事が分かったり、全体的に出てる日に規則性があるのが分かったりするんですよね。

 

自分の台の場合、リゼロのAT後を即ヤメした。勉強して調べていると、リゼロのAT後はコンビニステージを経由しなかった場合、早い当たりに期待できる。

 

「そういえば、自分の台はどうだったかな?」今度からは、リゼロを打つ時はAT後にも注意してやめ時を見極めよう。

 

という感じで、無知からどんどん知識を吸収できるんですね。確実にレベルは最初のころより上がっていくわけです。

 

パチスロで負けてばかり、勝ってもっとパチスロ打ちたい。せめておこづかいの範囲でパチスロ遊戯出来るようにしたい。

 

そんな事を思っているひとは、まずは自分のなにがいけないかを見つけてみませんか?

 

その第一歩が収支をつける。ということだと思います。必ずあなたの役に立つ時が来るはずです。

 

まとめ

 

僕はパチスロが好きで、毎日でも打っていたい人間です。

 

しかし、楽しむために打てるなら楽なんですけど、それではお金がいくらあっても足らなくなってしまいます。

 

なので、立ち回りを研究したり、パチスロの本質を勉強し、理解してパチスロを打つようになりました。

 

最初は結構大変でした。

 

単発で、150枚でも即やめして貯玉する

約30%くらいのゾーンを当たらなくても何回も狙う

天井狙いで3万つかって単発でも貯玉する

高設定の可能性があれば、投資を重ねる

 

こんな事は日常茶飯事です。

 

ですが、間違った事はしていないんですよね。本質をしっかり理解しているからです。

 

本質を理解してパチスロを打っていれば、いつか低投資の初当たりで爆発して一撃5000枚とか、設定を入れる強い日が分かって、朝から高設定を狙ったり、後ヅモ出来たりとか

 

そんな事が出来るようになって、月単位で収支がプラスになっていく事が出来るようになるんですよね。

 

それには、今の自分の現状を知る事が大事です。

 

収支をつける。何度も言いますが、とても大事なことなんです。いまこの瞬間から始めてみませんか?

 

お読みいただきありがとうございました。

パチスロに対しての考え方カテゴリの最新記事