【まだ現金で消耗してるの?】パチスロの出玉を貯メダルする事で得るメリット

【まだ現金で消耗してるの?】パチスロの出玉を貯メダルする事で得るメリット
この記事の所要時間: 445

 

こんにちは。パチンコ、パチスロ中古実機販売【エナジー】のダイスケです。

 

パチスロの遊戯は現金でやっていますか?それとも貯メダルでやっていますか?僕が断然おすすめするのは貯メダルでの遊戯です。

 

確かに、そこそこの現金を投資して得た出玉を現金に交換した方がその日は勝った気分も味わえるし、懐も暖かい。

 

なおかつ貯メダルは次回の貯メダル遊戯の制限があるホールさんもあるので、貯メダルするのはもったいないイメージがあります。

 

このもったいないという行為、真逆なんですね。実は現金化してしまう方がもったいない事をしている事を多くのユーザーさんが知らないのです。

 

今回はパチスロの出玉を貯メダルする事の本当の意味の解説です。

 

現金投資は貸し出しに差がある

 

地域によって異なりますが、最近のホールさんは等価交換禁止の所が多いです。1000円投資の貸し出し47枚とか1000円投資の貸し出し50枚、交換55枚とか内容は様々です。

 

僕の住む地域、長野県ではほとんどのホールさんが非等価となっています。

 

直近の行きつけのホールさんで説明すると、1000円投資47枚の貸し出しだとすると10000円を投資した段階で、出てくるメダルは470枚となります。一枚辺り21.27円ですね。

 

その点、貯メダルをしていると1000円分の出玉50枚で出てくるので、10000円分を遊戯した時のメダルは500枚。その差は30枚にもなります。

 

30枚とは現金投資で638円分です。僕の地域のホールさんは、貯玉制限800枚でやっている事から、1日に使えるメダルの制限は16000円分という計算です。

 

これを現金投資と貯メダル遊戯での場合で見てみましょう。分かりやすく、実際の現金投資遊戯と貯メダル遊戯を等価と仮定してみます。

 

実際 現金投資16000円×47枚=752枚

貯メダル遊戯 16000円分×50枚=800枚

差枚 48枚

 

この様に、1日の出玉制限での遊戯に48枚。ちょうど現金投資1000円分の機会損失が出ているのが分かります。

 

早い当たりであるなら、そんなに考える事はないのかもしれませんが、パチスロは投資が掛かる遊戯です。16000円の軍資金で当たる保証はどこにもありません。

 

投資が増えれば増えるほど、この差はどんどん広がっていき、逆に損をしている可能性が増えていくという事なのです。

 

パチンコやパチスロを遊戯する人は、勝った時はウハウハですが、負けた時は悔しいです。人間心理ですが、勝った時はまた勝てると調子に乗り、負けた時は取り返そうとまた行く・・・。

 

そうです。結局またホールさんに行くのです。

 

だったら、勝った時の出玉や取り返せなかった少量の出玉を貯メダルして次に繋げていくのが、一番損をしていないという事になるのです。

 

そして、パチスロはち絶対ではないですが勝というものがあります。パチンコもそうです。貯めた貯メダルを出るか出ないか分からない台で制限分使いきってしまって現金投資に変えてしまってはもったいないです。

 

関連記事 【パチスロ攻略法】パチスロで勝つ方法は期待値を積むという事

 

出玉制限分で当たりを引けるような台をまず探し回っていく事が大事なのです。それをどんどん連続させていく事がパチスロで勝っていく事の秘訣です。

 

1日で勝った負けたを判断するのではなく、週単位、月単位、年単位で収支をプラスに持っていくという考え方を持てば、自ずと節約出来る事は節約していく事が勝ちに繋がるという事が分かってくると思います。

 

貯玉を貯めていけば、うまくいけば初期投資だけで延々と遊戯が可能です。僕はホールさんに行くとはほとんど現金投資はしていません。

 

たまに設定狙いに切り替えて、制限を超えて遊戯する事はありますが・・(笑)

 

このおかげで、ほとんど毎日の様に遊戯できるという事なのです。それには立ち回りも重要なのですが。

 

まとめ

 

今回の記事では、普段何気なく替えている出玉を貯メダルする事のメリットを紹介しました。

 

1000円で万枚出た。30000円使って300枚しか出なかった。結果は誰にも分かりません。ですが、その出玉を貯メダルして次に繋げてみませんか?

 

交換してキャバクラに行くのもいいでしょう。少しのメダルをジャグラーで取り返そうとするのもいいでしょう。ご自分のお金で出した出玉です。使い方は自由です。

 

でも、結局言える事の本質は、なんだかんだ結局また打ちに行く。という事です。

 

だったら、初期投資で得た出玉をもっと増やしてからでも遅くないのではないでしょうか?

 

それがパチスロで勝っていく事に繋がる期待値を積むという事なのです。

 

お読み頂きありがとうございました。

パチスロに対しての考え方カテゴリの最新記事