HANABI通の設定Hは都市伝説なのか?実際に目撃した事からデータを公開してみた

HANABI通の設定Hは都市伝説なのか?実際に目撃した事からデータを公開してみた
この記事の所要時間: 734

出典 ユニバーサル公式さん

 

こんにちは。パチンコ、パチスロ中古実機販売【エナジー】のダイスケです。

 

HANABI通というA-タイプをご存知ですか?4号機の技術介入台として人気を博し、スピンオフ作品を含め、シリーズ化したアクロスの人気台の最新機種です。5号機のHANABIもいまだに人気があり、現役でホールに絶賛稼働中です。

 

そんなHANABI通に存在している設定Hという設定があるという噂。なにを隠そうこの設定Hは、1000円辺りで回せるゲーム数が7000ゲームを超えるという事で、本当かどうなのか。業界、そしてスロッターの間では都市伝説化しているレベルです。

 

この設定H、実は本当に存在します。僕の地域の旧イベント日に入っていた設定Hの挙動をデータと共に考察していきますので、同じ様な挙動をどこかで発見したらぜひ参考にしてもらいたいと思います。

 

HANABI通の設定Hの累計データグラフの挙動とは

 

真っ先にお見せしたいのが、実際のHANABI通の挙動グラフとゲーム数当選のデータなのですが、こちらの画像をご覧ください。

 

 

PC画面では左側、スマホでご覧の方は上の画像になりますが、HANABI通の設定Hのスランプグラフになります。注目すべき点は、まず赤丸の累計回転数とボーナスの出現率です。

 

総回転数10060ゲームに対して、BIGボーナスの当選回数はたったの4回。そして、REGボーナスの当選回数は、これまた少ない7回という結果です。しかし、スランプグラフを見るとマイナスが広がる事がありません

 

10060ゲーム回した時のBIG確率は、1/2515。REG確率は1/1437という誰が見ても分かってしまう数値となりました。最大獲得枚数は1845枚という、10000ゲーム以上回したには少ないと思ってしまう枚数ですが、設定Hをツモった時は、ほぼ100%負けないと言えると思います。

 

このお客さんは残念な事に、REGボーナスに偏ってしまったと思われる事から、平均して終日打って2000枚~2500枚前後が平均出玉になってくるんではないかと思われます。

 

次にPC画面では右側、スマホでは下側の画像になりますが、ボーナス当選ゲームのデータになります。赤で囲ってある部分は一発目の初当たりになるのですが、ビックリする事に2430ゲームも掛かっています。

 

お客さんも打ち始めてから、あまりにも回ることに「もしや・・・」と思ったと思います。以上の事から、設定Hは本当に存在すると断言出来ると思います。

 

では、設定Hを見抜き、取りこぼさない。そして後ヅモする事を前提に、どういう所に注目していけばいいかをご一緒に考えていきましょう。

 

HANABI通の設定Hの考察について

 

まず設定Hの解析値を見てみましょう。

 

 

各設定 BIG確率 REG確率 合算確立 機械割
設定1 1/312.1 1/385.5 1/172.5 97.3%
設定2 1/303.4 1/364.1 1/165.5 99.1%
設定5 1/287.4 1/337.8 1/155.3 103.0%
設定6 1/268.6 1/312.1 1/144.4 107.0%
設定H 1/1260.3 1/1260.3 1/630.2 107.0%

解析値参考 ぱちスク!さん

 

以上が解析値になるのですが、注目すべきは設定6と設定Hの機械割はほとんど変わらないという所です。なので、設定6を入れても分かりやすさという面では、設定Hを入れた方がホールさんもアピール出来るという点から、よほどの優良店ではない限り、平日には入りづらいのではないでしょうか?

 

しかし、ホールさんも設定Hを入れる事でアピール出来やすいという点では、今後設定を入れてくる事は大いに考えられます。狙うべきは旧イベント日や、ホールさんのHANABIの力の入れように左右されてくると思われます。旧イベント日の詳細記事はこちらを参照ください。

 

参考記事 【パチスロに勝つ考え方】旧イベント日に狙う機種の選び方

 

そして次に重要な、なぜ50枚辺り7000ゲーム以上回るのかという所を解説していきます。

 

HANABI通の設定Hの小役確率とは

 

設定Hを確実に見抜くために、どの小役に一番注目しなければいけないのか?それを解消するにはこちらを参考ください。

 

 

 

設定6 小役確率 設定H  小役確率
リプレイ 1/7.91 リプレイ 1/7.61
風鈴 1/12.42 風鈴 1/4.59
チェリー 1/18.59 チェリー 1/17.49
平行氷 1/39.92 平行氷 1/45.58
斜め氷 1/1217.50 斜め氷 1/2028.50

解析値参考 あおさんのパチスロ徹底解析・考察さん

 

こちら設定Hを実践された方、独自の解析データとなるのですが、やはり風鈴の確率にかなりの設定差が設けられている事が分かりました。

 

打ち始めてから、風鈴の小役確率が約1/5くらいの出現率で、なおかつ80ゲームとか100ゲームとか平気で回る様ならその台は設定Hを疑ってもいいと言えると思います。

 

しかし、調べていると設定Hはハズレも通常時に他の設定と同等に選択されるという記事を見たので、1000円回しても設定Hと見抜けず、取りこぼしてしまう可能性も少なからず考えられます。

 

慎重派の方は、2000円まで様子を見てもいいかもしれません。でも、1000円で7000ゲーム以上回ると言われている事から、よほどの確率ではない限り2000円を投資する事はないと思いますね。

 

最後にもしかした後ヅモ出来るかもしれない状況も考えられるのでそちらを最後に。

 

HANABI通の設定Hを後ヅモ出来るかも知れない状況とは

 

HANABI通の設定Hは、上記に解説していった事から、ボーナスによる出玉の増加はほとんどおまけ程度と考えられます。出玉はひたすら終日ブン回し、徐々に徐々に積み重ねて出していく。そんなイメージです。

 

それゆえ、飽きられやすいという事が考えられます。また、知識がそこまで無い人や決めつけてはいけないですが、ご年配のお客さんは台を捨てていく可能性が高いと思われます。

 

そういった状況や可能性を踏まえると、後ヅモも出来る状況もあるのではないかなと個人的には思う次第です。ホールさんに行った際、明らかに設定Hっぽい挙動をしている台があったら、打たれているお客さんがどういう人が打っているかも注目するのも効果的ではないでしょうか?

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。今回はHANABI通の設定Hの実際のデータを基にした解説と考察を記事にさせて頂きました。それにしても、本当にあったんだと思いましたね(笑)

 

打たれていたお客さんは、僕の知り合いの知り合いだったんですが、話もほとんどした事ない方だったので、どんな挙動をしていたのか、どんだけ辛かったか・・・。等も聞いてみたかったですけどね。あまり経験出来ない事だと思うので、いやはや、うらやましいです。

 

どこかでHANABI通のデータランプを見た時に、ボーナス確率があまりにも離れすぎている台を見た時は、ちょっと立ち止まって見てみてください。

 

あっ!!でも、その時は必ずスランプグラフも見てくださいね。ボーナス確率離れていても、スランプグラフがすべり台の様に下がっていたら意味ないですからね。

 

それは設定Hでは無く、ただの低設定だと思いますから(笑)

 

お読み頂きありがとうございました。

パチスロ機種情報カテゴリの最新記事