5スロの方がフリーズを引きやすいという友達の意見に正論で返してみました

5スロの方がフリーズを引きやすいという友達の意見に正論で返してみました
この記事の所要時間: 649
DAISUKE
DAISUKE
こんにちは、ダイスケです。

 

つい先日の事なのですが、パチスロ好きのとある友達に

 

「20スロって無理ゲーじゃね?5スロの方が勝てるよ。この前なんか二日連続でフリーズ引いちゃったし」

 

なんて言われた事がありました。

 

確かに最近の業界は、広告規制の問題や遊戯人口の低下で設定は入りずらい傾向にあり、20スロを打つのはキツイですよね?

 

低貸しは楽しめるし、そこまでお金の投資を気にしないで打てるので、友達がパチスロを楽しんでくれるのはとてもうれしい事なのですが、気になったのは次の言葉でした。

 

「ってゆーか思うんだけど、5スロの方がフリーズ引きやすいんだけど、気のせい?」

 

という意見でした。

 

何を隠そう、僕も少し前の養分時代に全く同じことを自分の兄貴に言った事がありました(笑)

 

自分や他人が思う事って意外に他の人も思っている。

 

なんて言葉がある通り、同じような意見を持っている人はいるのではないでしょうか?

 

今となってはパチスロの勉強をして、本質という部分が少なからず理解出来てきた立場からすると、正論で返す事が出来ると思いましたので、コラムという感じで記事にしてみたいと思います。

 

意外に言ってる事は間違っていないと言える、その理由とは・・・。

 

5スロのパチスロの方がフリーズは引きやすいのか?

 

今回のテーマである、低貸しのパチスロの方がフリーズが引きやすいのか?という答えですが、当然の事ながら、そんな事はありません(笑)

 

フリーズ確率は20スロであろうが、10スロであろうが、その機種のフリーズ確率に基づいて一律であります。

 

しかし、本質のお話をすると意外に理解出来る所もあるのです。それはなぜなのでしょうか?

 

20スロと5スロの同一投資金額で回せる回転数の違い

 

20スロと5スロでは当然の事ながら1000円辺りの貸しメダルに違いがあります。

 

地域によって貸しメダルに違いがありますが、基本的に20スロは50枚。5スロは200枚出てきます。

 

例えばミリオンゴッド~神々の凱旋~では、1K辺りの回転数は平均25G回ります。

 

1Kというのは千円という意味です。

 

キロという略語で、×1000の意味なんですね。10K=10000円。みたいな感じです。

 

まぁそんな事はいいんですが(笑)

 

凱旋の5スロでは千円辺りの平均G数は、4倍の100Gが回せるという事になります。

 

凱旋のフリーズ確率(GOD揃い)は1/8192ですので、回せば回す分だけ1/8192の確率に近づくという訳です。

 

20スロで1万円を使った時の平均は250G。

 

5スロであれば1000Gも回る訳です。

 

当然、フリーズを引ける確率は5スロの方が高いという事なんです。

 

20スロでは、仮に0Gから打ったとして最大投資金額は約63000円掛かります。

 

据え置き0Gと仮定した状態です。

 

出玉は何枚出るかなんて誰にも分かりません。これじゃあとてもじゃないけど打ち続ける事は困難です。

 

その点5スロでは、15000円で最大天井まで到達するので多少なりとも出玉は返ってきます。

 

その分また回転数を回せるから、よりフリーズを引く確率は上がるという事です。

 

以上の事から、フリーズを引いてみたい機種があったら5スロやった方が絶対いいよ!!と言えます。

 

フリーズを、ヒキとか運みたいな感じで引いたと思う方は結構いますが、結局回転数を稼げば引ける確率というものは必然的に上がるんですよね。

 

確かに1日でGOD揃いを4回も5回も引く人はいます。しかし、それも確率では十分あり得る事なんです。

 

なんにせよ、パチスロは回転数回してなんぼの遊戯機です。

 

なので、あの機種のフリーズを引いてみたい!!と思ったら20スロで狙うより5スロの方がいいですよ。

 

低投資で回転数を稼げれば、引ける確率は上がるし、引いた時はうれしいと思いますから。

 

一攫千金を狙って、20スロでフリーズを狙ってたらお金が掛かる一方です。

 

いつかは引けると思いますが、引いた時の投資金額がとんでもない金額になっていれば、ちょっと切ないですからね・・・。

 

もしどうしても20スロでフリーズ引きたいと言うのであれば、おすすめのやり方は天井狙いをしながらのフリーズ待ちという狙い方がいいと思います。

 

天井付近で期待値のある台を狙って行き、天井を保険としてその到達までにフリーズを引けるのを待つか、天井からの大当たりでフリーズを引くのを待つという感じですかね。

 

僕も天井狙いからフリーズを引いたというのを結構体験しました。

 

もともと打ち始めのG数は間違っていないし、最悪でも天井という保険があるから、リスク無く打てるのでおすすめです。

 

天井狙いの期待値は、フリーズや確定役全て含まれた数値ですので。

 

 

まとめ

 

 

という事で、我ながらよく分からないコラム記事になりましたが(笑)

 

結論で言うと、フリーズ確率はレートによって変わらないけど、本質である、回転数を回す事によって、よりフリーズ確率に近づけるという事。

 

投資金などの面から見ても低貸しの方がフリーズ引けるかもという意見は、あながち間違ってはいない。というのが僕の持論です。

 

皆さんはどう思いますか?

 

パチスロは楽しんでなんぼです。フリーズはパチスロの醍醐味ですが、僕はあくまで引いた時はおまけ程度に思っています。狙って出来るもんじゃないですし(笑)

 

フリーズ引きたいと言う理由で、お金をいっぱい使わない様に注意してくださいね。

 

DAISUKE
DAISUKE
お読み頂きありがとうございました

パチスロコラムカテゴリの最新記事